ゴルフの情報サイト

ジュニアゴルフクラブ

スポンサーリンク

ジュニア

スクールに預ける?自分で教える??

更新日:

お子様にゴルフを本格的にさせようという事になりましたら選択肢は大きく2つです。

A.保護者が自ら教える

B.スクールに入門させる

少し前に現役を引退された宮里藍プロ、そして現在も活躍中の横峯さくらプロ、宮里美香プロなどの一流プロゴルファーも保護者であるお父様がジュニア時代のコーチであったというのは有名で、他にもたくさんのプロがジュニア時代のコーチは両親だったというプロもたくさんいてかなり珍しいという事ではありません。

最近では群馬県在住でジュニアの世界一になりメディアにもたくさん取り上げられている須藤弥勒選手もお父さんである須藤憲一さんが指導されています。

もちろん皆様プロゴルファーではありませんでしたがたくさん勉強され情熱を注がれたのでしょう。

宮里藍プロの父親、宮里優(ミヤザトマサル)さんご自身は29歳でゴルフを始め36歳の時にアマチュアとしてプロのトーナメントに出場、ゴルフ理論を独学で勉強されティーチングプロの道を歩まれました。息子である長男の宮里聖志プロ(ミヤザトキヨシ)、次男の宮里優作プロ、そして末っ子長女の宮里藍プロを育てあげられたのです。現在も宮里道場というゴルフスクールを開講されていて、コンスタントなレッスン以外にも短期レッスンなども精力的に行い、コーチとして活動されています。

宮里道場公式ホームページ

横峯さくらプロの父親は、のちに参議院議員になられた横峯パパこと横峯良郎さんですが元々はただのゴルフ好きだったという事です。横峯パパに至ってはティーチングプロでもなく本当のゴルフ好きで子供にもゴルフをはじめさせたわけですが、実は横峯さくらプロの姉、横峯瑠依さんもプロゴルファーに育てあげた方です。現在も実業家として多方面で活躍されていますが実は2014年に心筋梗塞を患ったのち55歳のころアジアンシニアPGAツアーのQTを通過し年間10試合程度ではあるもののプロゴルファーとして各地を転戦されているそうです。

 

そして現役のジュニア選手の父親で現在、国内で最も有名であろう須藤弥勒選手の父親須藤憲一さんの職業は東京大学の教授でありご自身も東京大学卒という、さすがという他ないパンチ力がありますが、独学で教えていると言えど普通ではないのでしょう。やる事も突き抜けていて自宅の横の土地660坪を購入し練習場を作ってしまうという、普通では真似できない行動力と発想力と経済力をお持ちの方なのです。

 

しかし、ここまでの3名のお父様方の情熱や熱心さをもってというのはかなり困難ですのでやはり、スクールに見てもらうというのが一般的です。いくらお金を持っていても情熱がないとここまでは出来ません。もしろお金が無くても情熱さえあればなんとか出来るかもしれません。

という事で保護者の方自身に自分で育てたいという強い意志があるならご自身でコーチングされるのもよいかと思いますが、信頼のおけるコーチに託してみるのが一般的ではないかと思います。

技術面はコーチに指導を仰ぎ、メンタル面の鍛錬は保護者の方で指導していかれてはいかがでしょうか。

-ジュニア

Copyright© ジュニアゴルフクラブ , 2019 All Rights Reserved.