ゴルフの情報サイト

ジュニアゴルフクラブ

スポンサーリンク

アマチュア ジュニア

ジュニアゴルファーは距離計測器を使用すべきなのか!?

更新日:

2019年ゴルフのルールが大幅に変更されたなかでも注目を集めているのが距離計測器・距離測定器の公式ラウンド中の使用解禁であります。

もちろんこれまでも公式大会や競技での使用が不可能とされていただけであってプライベートでの使用は全く問題はありませんでした。

ルール改正前も一部の競技によってはローカルルールで使用可能とされていたこともありましたが、世界的な規模でルール改正がなされました。

ただし、2点間の距離を測る計測のみが可能という事で、平たく言うと勾配機能、スロープ機能の付いた打ち下ろしや、打ち上げなどでの打つべき距離がわかるというような機能はオフにしないとだめですよという事です。

さらに、ローカルルールによっては使用を禁止する大会もありますので、競技出場者は都度確認が必要です。

さて、今回のタイトル「ジュニアは距離計を使用すべきなのか!?」ですが、編集している筆者の私見ではありますが、答えは「YES」です。距離計は使用すべきでしょう。

理由は様々ありますが、逆に一度「距離計測器を使用しない」事のメリットをあげてみましょう。

1.距離計を使用する場合のスロープレーの心配がない

2.使わなくても上手い人の場合は周囲からの好感度がいい。

といった無理に絞り出したメリット程度でしか思いつきません。

あとは特に本人のこだわりが強く打つ距離は感覚でプレーしたいと思うのであればそのようにすればいいと思います。

ただ、感覚って非常にあいまいですよね、例えば、人は常に時間の中で過ごしていますが、たまにTVなどでも10秒の感覚をゲーム形式でストップウォッチで計測したりしていますが結構ずれがありますよね。

日ごろから時間の感覚は磨けているはずという人でも結構間違いが多いのです。これを距離計測に置き換えてみるとその日の調子、天気、風、ゴルフ場の環境などで今日は遠く感じるなとか近く感じるといった感覚の誤差が微妙に距離感を狂わせ、自信を持って打てなくさせているという事も考えられるのです。

さらに練習場での距離表示は短めでかなりあいまいな表示がされているのです。

であれば、その感覚を補うためにも距離計は絶対に必須なのです。

感覚でピンまで150ydだと思った場合、計ってみるとやはり150ydちょうどだったと場合でも、合っていることも確認できることは大変いいことだと思います。

きっとこの距離計が解禁されて使用をするべきなのかを悩んでいるのはきっと日本人くらいだという気がします。

他国は何のためらいもなく使用してさらに距離の感覚に自信をつけていくことでしょう。

ちなみにもちろんジュニアもですが勾配、スロープ機能付きの状態で計測すると競技規則に違反します、スロープ機能解除などの機能も付いてはいますが「解除した。してない。」といったことで罰則を受けたり他プレーヤーから指摘されたり、もめる可能性もなくはないので最初から勾配表示、スロープ機能はないモデルの購入を進めています。

また距離測定器にはレーザー型とGPS型の測定方法の違いがありますが距離測定器に関してはレーザー型がより精度が高いと思います。

ブッシュネルの赤色の表示は非常に見やすいですが、大変高価なのでニコンクールショットの20GⅡがちょうどよい値段的にも17,000円前後ですのでおすすめです。

-アマチュア, ジュニア

Copyright© ジュニアゴルフクラブ , 2019 All Rights Reserved.